契約から8日以内の方はこちら| エステクーリングオフ・中途解約サポートWeb

エステクーリングオフの条件とは?

8日以内なら無条件で解約できます!


エステサロンで法律で決められた書面を受け取った日から数えて8日以内であれば、書面により契約の解除をすることができます。

一旦、契約してしまったとしても自宅に帰ってから「どうして契約してしまったんだろう」「やっぱりやめようかな」と思うこともあるでしょう。

両親からは「そんな高価な契約は解除しなさい」と言われるかもしれません。

エステというのは実際に施術を受けなければ効果があるのかわからないものですし、施術を受けても効果があるかは時間が経ってみないとわかりません。
エステサロンも事業者ですから、一般の方が広告や巧みな話術で契約してしまうのは仕方がないのかもしれません。

そこで特定商取引法はクーリングオフ期間を設けて消費者の保護を図っています。

エステサロンも様々です。
契約書を交付していても形式不備の契約書だった場合、交付を受けたとはいえず、いつまでもクーリングオフができると考えられます。
契約書自体を交付してない場合も、もちろんいつまでもクーリングオフできます。

エステクーリングオフの手順は?

肝心の手順です。

クーリングオフによる解除は①契約書面交付の日から8日以内に、②書面で解除の意思表示をする。
これだけです。

口頭で店員さんに契約解除を伝えて「クーリングオフされるんですね。かしこまりました」と言われて、安心してはいけません。
電話や口頭では契約解除ができないのですから。
要注意です。

普通のハガキでもかまいませんが、コピーをとって、簡易書留で発送するのが望ましいです。

可能であれば内容証明郵便で通知するのが間違いありません。

内容証明郵便とは?

内容証明郵便は、手紙の一種ですが、どのような内容の手紙を、何時・誰あてに出したかと言うことを、郵便局で証明してくれるものなのです。

同じ文章の手紙を3通、封筒、印鑑、お金を持って郵便局に行き内容証明郵便の依頼をします。

郵便局が手紙の内容をチェックし、郵便約款どおりに作成されていて3通が同文であることを確認すれば、証明印を押してくれます。

そのうち1通を封筒に入れて発送します。(残りの1通は郵便局が保管、もう1通は差出人が保管)
(内容証明郵便はどの郵便局でも受け付けてもらえるわけではありません。詳しくは郵便局株式会社

エステクーリングオフの効果

書面を発送すれば、到着したかどうかにかかわらず、契約は解除となります。

もし、あなたがサービスを受けていたとしても、その代金を支払う必要はありません。

さらに代金を支払済みの場合は、その代金の変換を請求することができます。
損害賠償、違約金も支払う必要はありません。

エステサロンはクーリングオフをされれば、お金を返さなければならないことを承知しています。
仮にサービスを受けていても、契約書が交付されたから8日以内なら遠慮せず、「解除します」の意思表示をしちゃいましょう。

エステの関連商品について

エステにおいて「関連商品」とは、①健康食品、②化粧品、石けん(医薬品は除く)、浴用剤、 下着類、④美顔器、脱毛器が指定されています。

これらもクーリングオフの対象となります。

ただ、エステ本体の契約を解除することが前提となっていますので、関連商品のみの解除はできません。
エステ本体の契約の解除のときに両方解除してしまいましょう。

なお、注意すべきは①健康食品、②化粧品、石けん(医薬品は除く)、浴用剤は指定消耗品として使用、消費してしまった場合はクーリングオフできません。
ただ、契約書に『使用または消費した場合はクーリングオフできない』等の旨の記載がなければ、消耗品をクーリングオフできます。
(記載されてる場合は支払いましょうね)

ちょっと聞いてみる(メール)